I WANT TO SAY SOMETHING

ドラマ、マンガ、特撮…そして時々グチ

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

2013年の劇場版。いきなり「めんま~、めんま~」で始まるから「わけわからん」と見るのを辞めようかと(笑……が、最終的には見てよかったかなと。 なんだかんだ泣けました。ちょっと文句もあるけど

早々にネタバレしてると思うので書くが、小学校時代の仲良し6人が仲間の「めんま」を亡くし、傷ついた心を抱えたまま高校生になり…「じんたん」の前に突然「めんま」が現れるめんま」は思い残したことがあり、その「願い」が何かを探すべく、「じんたん」はかつての仲間5人に声をかける5人もそれぞれ「めんま」の死に責任を感じていた……

これ、そもそもフジの深夜アニメ枠『ノイタミナ』でやっていた作品だそうです。だからか……なんか残された5人の間でそれぞれ恋愛模様や葛藤があるみたいなんだけどまるでダイジェスト版を見ているかのようで本編アニメを見ていない自分はぽか~んとするしかない(笑。

いや、いい話だったんですけどね。特に「めんま」の願いを知った瞬間はね、泣けましたよ。ラストのみんなでかくれんぼするところとかね。

ところで画がものすごく見覚えがあると思ったら前記事の『心が叫びたがってるんだ。』『君の名は。』の人と一緒! ど~りで! 主人公の男の子の顔が…似すぎです(笑。

きっと本編アニメ版を見ていれば、もっと感動も一入だったんだろうな。でも改めて探してまで見たいかというと…もうラスト知ってしまったからな。

そんな複雑な感想を抱いた視聴でした。