I WANT TO SAY SOMETHING

ドラマ、マンガ、特撮…そして時々グチ

重版出来!(全10話)

2016年のドラマ。とにかくキャスティングがスゴイ。ベテランから若手まで演技派揃い。 

重版出来!  DVD-BOX

重版出来! DVD-BOX

 

 原作はマンガ(未読)。最近9巻が発売された模様。 

重版出来! コミック 1-8巻セット (ビッグコミックス)
 

出版業界(週間マンガ雑誌)を舞台に新人編集者黒沢心黒木華が個性的な先輩編集者や漫画家たちにもまれながら成長していく涙と笑いの業界モノです。つい最近(?)同じような出版業界モノ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』も面白かったのですが、こちらの方は(少年)マンガなんですよね。そもそもマンガ好きなんで、すごく楽しめました。

まず、心を演じてる華ちゃんがかわいくて上手い! 元柔道少女という設定なんですけど、走っている姿とか体育会系の走り方なんですよ、ちゃんと。先輩方に「小熊」ってあだ名されてるんですけど(笑、うなづけるような、小さいけどたくましい感じがよく表れてる

それから営業部の小泉を演じる坂口健太郎くん。この人もホント演技の幅広いよね。そもそも旅行誌の編集者になりたかったのに、配属は営業部ですでに3年。そのやる気のなさは書店員さんの間でも評判で「ユーレイくん」と呼ばれるほど存在感がない。そんな腐ってた小泉が心と仕事をしていく中営業の仕事に喜びを見出していってホントにびっくりするぐらい変わってしまう(笑。その後、ちょくちょく一緒に食事したりとか、ちょっといい感じです(心はわからないけど、小泉くんは意識している感じ)。

毎回、主役として描かれる漫画家や編集者がいるんですけど…個人的に泣けた回は、アシスタントも10年目になり選択を迫られる沼田ムロツヨシ!)新人潰しで有名な編集者安井安田顕!)の回ですね。鬱屈とした気持ちや挫折感さすがの演技力で魅せてくれます

それから全編にわたって描かれる、心が関わる新人漫画家中田伯永山絢斗!)東江絹高月彩良二人の話もよかったです~。特に孤高の天才中田くんが沼田さんと関わったことによって少しずつ自分以外の人間の感情を理解しようとする(これは作家にとって大切な素養だそう)過程が感動します。後からそっと支えるベテラン漫画家三蔵山先生小日向文世!)の存在感もたまらないです

その他、オダギリジョー荒川良々生瀬勝久滝藤賢一要潤とにかくスゴイでしょ(笑。も~、毎回面白すぎて終わるのがすごく嫌だった。こんなドラマは久しぶりです。ちなみに重版出来(じゅうはん しゅったい)と読むらしい。初めて知りました。出版業界みんなが幸せになる(?)魔法の言葉だそうです。