読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I WANT TO SAY SOMETHING

ドラマ、マンガ、特撮…そして時々グチ

アオイホノオ(全11話)

漫画家島本和彦のプロデビュー前をモチーフとした半自伝的漫画をドラマ化。芸大生の主人公焔モユル君が漫画家デビューするまでの挫折と成長の日々…って柳楽優弥の顔芸スゴすぎ! ライバル(?)庵野秀明役の安田顕をはじめキャスティングも濃すぎ! 

アオイホノオ DVD BOX(5枚組)

アオイホノオ DVD BOX(5枚組)

 

大爆笑間違いなし!(言い切っていいのか)

…特に80年代に青春過ごした方には楽しめるはず! 私はこの頃まだかろうじて小学生だったけど、ちょっとDVD欲しくなっちゃったくらいだもん(笑。

とにかく焔くんのめくるめく言い訳がスゴイ(笑。あと庵野秀明のオタクっぷりと、奇人変人ぶりが群を抜いてる岡田斗司夫濱田岳の名演!)といろいろ書けばキリがないんですが…というか、面白さは見てもらわないとわからない。私のつたない筆じゃ説明できない(あ、投げた)。

個人的に気に入ったのが、ムロツヨシが演じてる山賀!のちに庵野たちと株式会社ガイナックス(アニメ制作会社)を立ち上げていく人物なんだけど「これで俺は喰いっぱぐれない!」「自信はね根拠の無いものなんだよ!」とか、アニメを全く知らない(というか特撮も知らない)のに存在感ありすぎ(笑。人を見る目だけはある

あの頃は今みたいに娯楽がそこらじゅうにあるわけじゃなくて大体がTVや漫画雑誌少年誌を女子も読んでたよね。私はジャンプ派でしたが。焔くんはなんだかんだサンデーでデビューを飾りますが、ラスト(一方的に)ライバル視していた庵野くんからサインを求められて…どうやら締め切り3時間前の焔先生の長いようで短い夢だったというオチ(ってネタバレしちゃってる)。あと3時間「しかし俺はあえて寝る!」(笑。無理ですって、とアシスタントらに突っ込まれようとも!…変わらぬ焔くんの姿がそこにあった。 

アオイホノオ(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

アオイホノオ(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)