読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I WANT TO SAY SOMETHING

ドラマ、マンガ、特撮…そして時々グチ

今頃なんなんですが『テラフォーマーズ』面白っ!

アニメ マンガ

原作マンガが2013年版『このマンガがすごい!』(オトコ編)1位に選ばれていたことも、映画化されていたことも全く知りませんでしたが、ある日、原作者の貴家悠(まだお若かったような)さんがTVでこの話を作った時のことを語っていて面白そうって、とりあえずアニメ見はじめた…んですが、ハマりました!(またか…青エクもまだまだ好きだす) 

 ※リベンジじゃなくて、「アネックス1号編 」の方です。リベンジも見るつもりだけど

トーリーはかなり込み入っているので、簡単に書くと、火星から持ち帰ってしまったA・E・ウィルス(致死率100%)が地球で猛威をふるっている2600年代が舞台。2000年代(ちょうど現在ですよね)火星に無人探査機を送っていた頃繁殖力の強いゴキブリとコケ類を持ち込み砂漠のような環境だった火星が現在(2600年代)には見事に水(湖?)が生まれていて緑のようなものも若干あるのです。が、もう一つ持ち込んだゴキブリが驚異的な進化を遂げ人型の化物となっていたんですね~。が、A・E・ウィルスを解明し駆逐するには火星からサンプルとしてそのゴキブリテラフォーマーズを生け捕りにして持ち帰らなければならない。で、知能を備え人並みの体格となっているテラフォーマーズと戦うために人類が考え出したものが地球生物の特殊生態を移植(バグズ手術)した昆虫人間たち(昆虫以外にも鳥・甲殻類とかもいる)というわけなんですな~。

主人公の膝丸燈(あかり←♂)をはじめ、、火星に向かうべく手術されたんだけど、そのバックグラウンドがテレフォーマーズとの戦いの中語られていく構成燈の話もとてもせつないんだけどアレックスシーラマルコス3人の幼なじみ恋物語もせつない!!(ベタっちゃ~ベタですが)

でも私が一番泣けたというか…感情移入しまくりだったのが、5班の班長アドルフ・ラインハルト!! 見た目は怖くて、最初は無口だったんで、悪役か?と思ったら(笑……幼い頃から軍に実験動物扱いされ(それも他の子たちを救うため、自ら実験体に志願するのね)、デンキウナギの力を移植されるんだけど、度重なる実験のため、身体は傷だらけで口元は醜い裂傷がある。で、学生時代はなんとか軍の監視下から抜け出して死にたいとすら思っていた孤独な青年だった。が、そこでローザと出会う孤独な彼の人生が一変するんですねローザと結婚。幸せな夫婦生活かと思いきや…ローザは不倫子供が生まれてでも自分の子ではないと知らされても別れられない。ローザの方が先に家を出てしまったみたいね(描写がある)。なんか捨て鉢な気持ちで任務に向かってた(と思う)んだけど彼をひたむきに信じる班員たちの気持ちに触れ最期まで闘い続ける…というね(涙。でもって、ローザはローザで、ダンナの死も知らされないという…悲しすぎます。 

なんか、主要人物だと思ってた人があっけなく死んでいくのもかなりホラー的なんですが、何を考えてるのかわからない(でも高度な知識あり)テラフォーマーズもかなり不気味であります。

  原作も読んでみたくなったな~。

どうやらこのアネックス計画にも裏切り者(国)がいるということがわかってきて…リベンジへ続くという。リベンジももちろん見るつもり。

というか、昆虫って(ほかの生物もだけど)スゴイ能力があるんだね。いまさらながら。以下まとめの「マーズランキング」も面白いので参考までに貼り付けときます。とにかくかっこいいよね闘いが! でも首飛んだりとかグロイので、(あと多少エロイので)うちの子と一緒には見れないかなぁ…話はいいんだけどね。

matome.naver.jp