読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I WANT TO SAY SOMETHING

ドラマ、マンガ、特撮…そして時々グチ

侍戦隊シンケンジャー #31~#34

特撮

とうとうアクマロが十蔵と薄皮太夫を使って何やら動きはじめた。やっぱ成仏できなかったのね~、十蔵。かっこいいぜ(個人的好み)。 

侍戦隊シンケンジャー 第八巻 [DVD]

侍戦隊シンケンジャー 第八巻 [DVD]

 

第31幕「恐竜折神(きょうりゅう おりがみ)」

なんかいきなり普通にダイゴヨウが「いくぜっ!」って恐竜折神ディスク投げて殿普通に変身してるんですけど…いつ手に入れたの?と思ったら『~銀幕版 天下分け目の戦』(映画ね)で手に入れてたという。見てないんだけど、この夏の陣(映画)でシンケンジャーが倒したはずの油目マンプクが蘇り、再び倒すだけ…の話(失礼)。あ、この回で見ものというか、個人的にツボだったのが7並べ(トランプ)で家臣に負け続ける丈瑠。「勝負に殿も家臣もない」と彦馬も容赦しない(笑。

第32幕「牛折神(うし おりがみ)」 

牛折神を代々守ってきた榊原家の少年ヒロが殿に会いに来る牛折神は一番最初に作られた折神だったが、ただその力を誰も制御することができず現在封印してしまっている。ヒロは自分ならその封印を解くことができると。殿と同じくヒロのおじいさんも大反対。一方、アクマロもハッポウズを使って、牛折神を手に入れようとヒロを狙う

そしてヒロは封印を解いてしまう。…ってこの子、モヂカラ使いこなすのね。ところが、地上へ飛び出した牛折神はあんのじょう大暴れ。ヒロを乗せたまま、走り去ります。さて、どうする? で次回へ続く

 で、続きっす。

侍戦隊シンケンジャー 第九巻 [DVD]

侍戦隊シンケンジャー 第九巻 [DVD]

 

第33幕「猛牛大王(もうぎゅう だいおう)」

暴れ牛(折神)を捕まえるのに苦心するシンケンジャー

アクマロが何を考えてるのかわからないと訝しがるシタリだが、「遊んでるうちは好きにさせておけ」とドウコク。そして(26幕にて)丈瑠に折られた裏正の刃を海へ投げようとする薄皮太夫に声をかけたのはアクマロ。なんと裏正はアクマロが作ったんですね薄皮太夫の三味線と裏正を修復する代わりに二人は自分のために働いてもらうともちかけるアクマロ。やっぱ生きてた十蔵。

で、二人は牛折神の元へ向かおうとするシンケンジャーたちの足止め役。そもそもそんなにやる気がないのか(笑、代わりの刀が使いづらいのか(裏正に比べたら短いね)、牛折神の制御がうまくいったとたん、「雇われ仕事はこの程度」ってさっさと立ち去ってくクールだぜ

一方、おじいさんと共に懸命にモヂカラを打ち込むヒロ。ヒロの両親が山で死んだのは、息子が牛折神を蘇らせようとしていた祟りだと思い、反対していたおじいさんだったのね。父親の教えなど幼かったヒロは覚えていないと思っていたけどしっかり覚えていたんですそんなヒロの姿を自分に重ねる丈瑠。丈瑠も優しかったお父さんのことはしっかり覚えてますね。そして榊原家三代の思いが通じた牛折神は立派な戦力となり一体でモウギュウダイオウ(ロボ)に変身します。 

第34幕「親心娘心(おやごころ むすめごころ)」

ハワイで暮らしていた茉子の父親がいきなり茉子を迎えにくる。ちなみに茉子の母親は先代シンケンピンクだったのね。茉子は幼い自分を置いてさっさと行ってしまった両親の姿がよみがえり素直になれない。まぁ、急に辞めるはたしかにありえないです。

今回はアヤカシは特になく、アクマロがナナシたちを使って直接小学校を襲撃。子供たちをさらってくる。何をさせるのかと思いきや…賽の河原って…石を積んだら親元へ返すと言いつつ積みあがったとたんに崩すのね(笑。が、子供たち(1年生位だな)がかわいいのでマジむかつきますナナシたち。それにしてもアクマロってばドウコクに足グッサリ刺されて「あ、ありがとうございます」って…そこまでして狙っているのはやっぱドウコクの転覆?

前回のドウコク封印時に茉子の母は怪我をしそのまま父とハワイへ移住してしまった。で、5歳だった茉子はおばあ様に刀の稽古などつけられてきたと。なんか回想シーンではお嬢だった感じです。何度か父親は仕事で帰国した時に会ってたけれど、母とはあの日以来一度も会っていなかった。それが急に迎えに来たなんて言われても…って感じだよね。

その後、戦う娘(スーパーシンケンピンクでアクマロを打ちのめします)の覚悟を見て連れ戻すことを諦めた父。てか、このパターン前にもアクマロってドウコクに事前にやられてて本来の力出ないって感じよね。切り紙ロボ置いてとっとと引きます。で、巨大戦…ナナシたちが組体操で登場(ぶぶっ)。気合入ってましたが、難なくやっつけられましただ…。

で、父との別れ母も実は来てたのねしかも伊藤かずえ姐さん!「置いていってごめんね。でもあなたのことを忘れたことは片時もなかった」って感じのベタなセリフを言われ子供に戻って大泣きする茉子。これで一つまたすっきりした気持ちで戦いに向かえるぞってこと?

 

で、次回は流ノ介が悩む回。で、出ますよ、恒例全合体!…正直、こればっかりはいくつ戦隊見ても意味わかんねぇ。全部くっつくと、ぜ~ったい動きづらいって。でもなぜか絶対的に強い設定(笑。

前回の話 

yukiyamama.hatenadiary.jp