読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I WANT TO SAY SOMETHING

ドラマ、マンガ、特撮…そして時々グチ

侍戦隊シンケンジャー #7 #8

主題歌の通り、チャンバラ♪がとにかくカッコイイ戦隊だと思う。基本刀で戦うのがいいです。 

侍戦隊シンケンジャー VOL.2 [DVD]

侍戦隊シンケンジャー VOL.2 [DVD]

 

第7幕「舵木一本釣(かじき いっぽんつり)」

前回の兜折神の時に言ってたけど、折神たちは過去の戦いで行方不明になっているものばかり。そのうちの一つ、舵木折神(カジキマグロ?)が目撃され、殿に命じられた流ノ介はモヂカラを使い釣り上げようと奮闘。ツッコミどころは、なぜか籠に乗って海岸へ車使った方が早いんじゃね(←これを言い出すと黒子さんの存在自体否定してしまうのでありますが。)

一方、今回のアヤカシ、ヤミオロロは口から毒息を吐くヤツで、流ノ介以外倒れちまいます。しかもその毒を浄化する力は舵木折神が持っているという。ますます釣らねばの流ノ介。しかしモヂカラを使いすぎて倒れてしまう。助けてくれたのが、先代のシンケンジャーに仕えてた人。どうやら燃え尽き症候群のようで、「家臣は代々殿と共に…」と言う流ノ介にも「そんなのは親に刷り込まれただけだ」と一蹴。

が、毒で苦しむ中、ヤミオロロが再び出たとのことで、一人戦いに向かう殿。平静を装い「お前はカジキに集中しろ」と。しかし、苦しそうな声は伝わっていた…「いいか、おれは適当にお前に頼んだんじゃないお前ならできると思ったからだ」と言う殿。萌える(?)流ノ介(←中間管理職の人もこの殿のセリフ参考に 笑)。

あらためて流ノ介が殿との関係を悟るところがいいですね。「出会った時から一人命がけで戦っていたあの殿になら命を預けられる…」ってカッコイイじゃぁないですか(←すいません、ベタなのが好きなもので…)。で、そんな流ノ介に燃え尽き症候群だった小松さん(劇中では名乗るシーンなし)も加勢二人で舵木折神を釣り上げることに成功! 舵木折神の力でシンケンジャーをはじめ、毒にやられた一般ピーポーたちも浄化されましたとさ。

とりあえずカジキシンケンオーは…頭に刀つけて攻撃の意味がわからない(笑。両手がふさがってるならともかく。無理やりカジキっぽくしただけじゃね?

そして小松さんは彦馬のところへ…え~? 黒子さんたちって元過去の家臣たちとか??? とりあえず一緒に外道衆と戦っていく気概を取り戻したようです。

そうそう、今回は一人戦っていた丈瑠(殿)に加勢しに来たよ千明たちも! だんだん自覚が出てきたんですね。

第8幕「花嫁神隠(はなよめ かみかくし)」

しょっぱなから茉子と丈瑠の結婚式!…過去戦隊でもあるあるコスプレ回なのはわかってるけど~なぜか彦馬が感涙(笑。重ねて流ノ介も(笑。

外道衆の仕業か、花嫁さんが次々とさらわれる事件が発生。この回は結構重要な回かも。アヤカシではなくて…敵の側近女性キャラ薄皮太夫がはじめて地上に出てきますおまけに全編にわたって丈瑠と対決する十蔵も登場。 

薄皮太夫は声が色っぽいっすね~(朴璐美さん)。さらってきた花嫁たちを繭に閉じ込めステキな内掛けを織り上げる計画。シタリが「過去を忘れられないようだね」とか、元は人間だった設定かもですね。

騙し騙され、結局シンケンジャーの作戦が勝利するんですけど、やられそうになった薄皮太夫の前に骨骨ロック(古!)な腑破十臓が登場両側とも刃になってるヤバイ(裏正)に魅入られてる感じがいいですね。何やら勝手に丈瑠を裏正で戦うにふさわしい相手と決めてるところも。こういうレッドがずっと対決する敵パターンってのは戦隊モノではめずらしくないんですけど。

とりあえず今回は十蔵に言われ薄皮太夫も退散。しかし薄皮太夫、少し戦った感じでは、さすがドウコク(敵の親玉)のお気に入り、強そうであります。

 

次回は寅折神登場? そして操られた流ノ介VS殿?

 

前回はこちら 

yukiyamama.hatenadiary.jp 

次回はこちら 

yukiyamama.hatenadiary.jp