読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I WANT TO SAY SOMETHING

ドラマ、マンガ、特撮…そして時々グチ

じつは恋愛関係Best5(戦隊編)

戦隊や仮面ライダー見たことがない人、もしくはお子さんに付き合って片手間で見てた人はあまり気がつかないでしょうが、じつはニチアサ番組にも恋愛要素あるのご存知でした? 控えめではありますが(笑。せっかくイケメン&カワイイ子が出てるんでそういうのを楽しみに見るってのも…アリですよ(女子的には)。

 

かなり前ですが、仮面ライダーに出てくる恋愛について書いてるので、今度は戦隊で書いてみようかと。気がつけば見ていたので…(2000年以降に限りますが)。言うまでもないですが、私の個人的好みと偏見で書いてますので、マニアの人は「違うわ」ってツッコミ入れないでくださいね~

ちなみにこちらが仮面ライダー版の記事。 

yukiyamama.hatenadiary.jp

 

第5位 桐生ダイゴ&アミィ結月(『獣電戦隊キョウリュウジャー』) 

スーパー戦隊シリーズ 獣電戦隊キョウリュウジャー VOL.1 [DVD]

スーパー戦隊シリーズ 獣電戦隊キョウリュウジャー VOL.1 [DVD]

 

定番の(?)レッドとピンクのパターン。ほぼ恋愛を匂わせなかった二人がなんと最終回近くでデートの約束を!そして、アミィを助けるために、あえて彼女を空へ突き落とすダイゴ(どういう状況か気になる方は本編を見よ)。

…本当は、ノブハル(ブルー)とキャンデリラ(敵方)の微妙な恋愛関係を推したいですね(笑。この二人のエピソードは本当に微笑ましいです。成就する恋愛ではないけど、応援したくなります。

第4位 明石暁&西堀さくら(『轟轟戦隊ボウケンジャー』) 

これもレッドとピンクですね。明石は最初からリーダー格でかつ冷静で大人な男(じょじょに崩れていきますが 笑)。さくらはアミィと同じで実はお嬢様だった設定彼女はクソ真面目なため愛情を尊敬として認めてませんでしたが最終回には彼を追いかけて…(気になる方は本編を見よ)。

第3位 ヒカル&小津麗(『魔法戦隊マジレンジャー』) 

魔法の師匠小津家次女(ブルー)。過去の戦いでカエルに姿を変えられていたヒカルにキスをして元の姿に戻したのが出会い。ファンタジー! 戦いが苛烈を極めていき、ヒカルは死を覚悟で最後の戦いへ向かおうとしてるのね。が、お互いの想いは押さえきれず…(ニチアサなので抱き合う位ですが 笑)。すると周りの兄弟たちが粋な計らいを…結婚式までするカップルは希少です(戦隊では)。

この戦隊は全員家族(兄弟)なんで、恋愛は皆無かと思いきや…魁(レッド)はサッカー部のマネージャー山崎さんといい感じだったり、恋愛エピソード多め(?)。

第2位 竜也&ユウリ(『未来戦隊タイムレンジャー』) 

これもレッドとピンクパターンですね。さすが小林靖子さんの出世作(?)だけあり、伏線張られまくりの面白い脚本でドハマリしました竜也は現代の青年で、ユウリは3000年から来た未来人という設定。そもそも恋愛してはいけない間柄なのでした。最終回の別れはさわやかながらツライ…。

でもそうするとドモン(イエロー)とホナミさんの恋愛は…(←深く突っ込んではいけない)。こちらも色々悩みます。

第1位 理央&メレ(『獣拳戦隊ゲキレンジャー』) 

そもそも敵方の二人。それを1位に持ってくることお許しください(笑。でも本編見ていただければわかると思うんですが、ゲキレンジャーたちを凌駕しちゃう存在感キャラなんですわメレは自分でも言うように「理央様への愛に生きるラブウォリアー」なのです。とにかく忠実。で、理央はラスト近くまでメレの存在の重要さに気づかないのですが、最終回(正確には1話前)には泣きましたよ。戦隊見て、しかも敵なのに、泣かされるとは思わなかった。この二人は戦隊好きの方々にもお馴染みのカップルだと思うので、どんな二人か気になる方は、ようつべなどで動画でも見てみてください。

 

ちなみにここでもこの戦隊については詳しく書いてるので(笑、よろしければご覧になってくだされ。 

yukiyamama.hatenadiary.jp