I WANT TO SAY SOMETHING

ドラマ、マンガ、特撮…そして時々グチ

侍戦隊シンケンジャー #1 #2

シンケンジャー。これはなるべく手短に。ポイントだけ書いとこうかと(そもそも自分のために書いてるんで)。ラストまで書いてない獣拳戦隊ゲキレンジャー。いや、よかったのよ。ただ、書きたいことが多すぎて、長くなってしまいそうなので、ついつい手をつけられず…。

とにかく、たまたま、ここを見た方が少しでも興味持って本編見てもらえたら、これ幸いです。 

侍戦隊シンケンジャー VOL.1 [DVD]

侍戦隊シンケンジャー VOL.1 [DVD]

 

私の好きな小林靖子さん脚本一筋縄ではいかない展開最初から張られてる面白すぎる伏線。期待大!です。

登場人物など細かい設定は以下ページに載っております。

テレビ朝日|侍戦隊シンケンジャー

第1幕「伊達姿五侍(だてすがたごさむらい)」

まず面白いのが、殿(レッド)以外ほかの色(ブルーetc)は殿に仕える家臣なんです。こういう上下関係が最初から存在している戦隊ってめずらしい方(『轟轟戦隊ボウケンジャー』位?←これも面白い!)。で、最初は殿一人で闘っている。じぃ(彦馬)の役が『水戸黄門』でお馴染みの伊吹吾郎さんってのがニクイじゃない!「この方をどなたと…」の件はさすが!

しかし、最初から陰のある殿。先代レッド津田寛治さんっす)から子供の頃壮絶な引継ぎをしている場面が覚悟が違うのね。けど、じぃがもう家臣を呼ぶぞと矢文(!)を放とうとする際も「会ったことのないやつらを(戦いに)巻き込んでいいのか」と迷う殿。しかし、じぃによれば、家臣たちも代々志葉家に仕えてきた家々覚悟はできてるそうです

矢文に呼ばれて集まった4人の家臣たちかなり個性的です。ブルーだけやる気満々な感じ。初回はやはりほとんど殿一人で戦っているような。この後の家臣たちとの関係が若干不安感を残しまする。

 

第2幕「極付粋合体(きわめつきいきながったい)」

初オープニング。これまた渋い始まりかた。戦隊モノってレッド=〇〇、ブルー=〇〇って役者さんの名前が出てくるのが定番なんだけど、これは下部にクレジットが出るのみ。というか、エンディングも踊らない。和風なの。いろいろ斬新

何百年も前からシンケンジャーは外道衆(妖怪?)たちと戦ってきたのね。筆状の変身ツール(ショドウフォン)を使って、文字を実体化する力(モヂカラ)を発動して戦うそうです(書き順が違うとちゃんと発動しないところが子供たちへの漢字啓発か?)。

ことは(イエロー)本当は姉がシンケンジャーになるはずだったんだけど、身体が弱かったから彼女から引き継いだのね。でも他に得意なことがないことははそれが嬉しかったと。だから一生懸命殿と戦う…流ノ介(ブルー)でなくとも泣かせるけなげさ

が、しかし、事は甘くなく、戦いの中、ことはのミスで丈瑠(殿=レッド)が大ダメージ。次の瞬間、殿の大ピンチに身体を張ってかばう家臣たち。……2話にして真剣度が違うのだが…(シンケンジャーだけに)。が、ボロボロで立ち上がれない家臣たちに殿の無慈悲なひとこと「お前たち、立てるなら立て。言ったろ?外道衆を倒すか負けて死ぬかだと」。さらにことはにも「ほっとけ。この程度でつぶれるようなやつはいらない」と。冷たすぎる殿の言葉に流ノ介たちもさすがに怒るが…。子供をかばいながら真剣に戦う殿。…殿ついていきます

「その場しのぎの優しさなど、侍には無用か」って…どこまで時代劇なの。まぁ、この後、ロボ(シンケンオー)が初合体する前におでんギャグ(?)はさんだり、最後に流ノ介が突然滝行で反省するし、のお笑い部分も若干あります。

 

次回は初回から反発しまくってる千明(グリーン)が主役か?

次回はこちら 

yukiyamama.hatenadiary.jp