I WANT TO SAY SOMETHING

ドラマ、マンガ、特撮…そして時々グチ

獣拳戦隊ゲキレンジャー #17 #18

シャッキー・チェンかわいい! ジャンも並んでシャッキーン!  弟子になります

獣拳戦隊ゲキレンジャー VOL.5 [DVD]

獣拳戦隊ゲキレンジャー VOL.5 [DVD]

 

ラゲクがメレにピンクのルージュを塗ってあげている…妖しげな場面からはじまります。そんな二人をしらけた目で見る理央。はやく修行をしてくださいと。そこへいきなり入ってきた臨獣拳士ドカリヤ(やどかり)。ラゲクに自分の熱い想いをつたえますが、つれないラゲク。私が身を焦がすのはあの人だけ…とドカリヤに遠回しに示唆しますシャーフーを狙えと。ドカリヤが溢れる想いからどう行動するかを学ぶよう、メレを同伴させる。振り返るラゲクはやっと二人きりになれたわね理央ちゃん」。この翻弄ぶり、見習いたいですね。女子力高すぎます

一方、ランもレツも拳聖の師匠がそれぞれいるのに、自分にはいないことにイライラするジャン。海の拳魔ラゲクと戦うには海の力を味方にする術を身につけなくては…とシャーフーに命じられ、拳聖のいる青鮫島へ行く3人。ボートで川を下っていると、突然たくさんの石が飛んでくる。それをオールで全てはじき飛ばすジャン放たれた炎に囲まれたけどボートを力技でグルグル回し、遠心力(?)で炎を打ち消すジャン。最後はジョーズとの競争に勝って、ゴール。とまぁ、予想がつくが、今までのことは全て拳聖シャッキー・チェンの修行だったわけ。合格はジャンのみ。丈夫な身体をほめられたのは初めてで、喜ぶジャン。美希が作ったゲキセイバー(2本の柳葉刀)を授かり弟子として認められはりきるジャンかわいいなぁ(精神年齢6歳位か)。一方のシャッキーも初めての弟子に感涙。よっぽど嬉しかったんだね。この二人のやりとりが終始ほほえましい今週の話

ドカリヤのリンギは本体収奪、文字通り、相手の身体を乗っ取って自在に操る技です。で、シャッキーまんまと操られてしまいます。乗っ取られてしまったことにショックを受けていじけてしまうシャッキー(笑。そうなんです、彼、拳聖としてはどうやら未熟なよう

お約束でドカリヤが巨大化し、ゲキトージャー登場。で、予想通り、来来獣でゲキシャークを呼ぶのですがゲキトージャーに噛みついた! あれです、ドカリヤが乗っ取っちゃってるパターン。で#18に続く。

 

ピンチのゲキトージャー。そこへ拳聖エレハンとバット登場。ゲキエレファンで対抗し、ゲキシャークをひとまず撃退。なぜか美希とシャーフーも荷物を持って現れにわか臨海学校がはじまる(笑。空元気でバットとエレハンに挨拶するシャッキーだったけど、 「身体を乗っ取られるなんて情けない」と責められふたたびいじける。二人を先輩と呼んでる感じからして、7拳聖の中では下っ端なのかなぁ。ジャンがなぐさめるが、「ぼくのようなダメマスターに習っていたらジャンまでダメになる破門だ」と悲しいことを(声があたり前だけどジャッキーだ!)。「ハモンって何だ?」って聞くジャンがかわいすぎる(笑。

今週の理央様出番少ない(笑。ラゲクと手合わせをしている中、「あなたにもいるはず…存在自体が許せない…身を焦がす相手が」と問いかけられ、脳裏に浮かぶのは…

臨海学校へ。夜テントで寝ていたシャーフーを何者かが襲う。逃げ出したが、美希がシャッキーと行き違ったと。彼の剣も落としていった。絶望し、闇に落ちたか…とシャッキーを捕らえに行くバットやエレハンたち。ちょっと結論早すぎやしませんか。と思ったら…やっぱり~、美希にドカリヤが取り付いていたのだった。美希(に取り付いているドカリヤ)とシャーフーの対決がなかなかにかっこよかった。シャーフーは不闘の誓いがあるから、相手の技を受けるのみですが。

美希から離れたドカリヤが今度はジャンの身体に。ところがジャンはその技を跳ね返す。「丈夫な身体はどんな攻撃も跳ね返すって、サメ(シャッキー)が 教えてくれた」って…わかるようなわからないような理屈。サメは強いんだ!って、あくまで弟子であろうとするジャン感激しちゃうシャッキー

あとはいつもの戦闘に。ゲキセイバー2本を合わせて、一本の剣にし、ドカリヤを倒すジャン。巨大戦でも今度こそゲキシャークを呼ぶことに成功し、海中戦も勝ちました。

抱き合うジャンとシャッキー。お互い未熟同士だけど、なかなかいいコンビなのかも。

臨獣殿。理央の脳裏に浮かぶのはある男の姿。「虎」「虎ってあの子(ジャン)のこと?」「違う白い虎だ」 理央が唯一勝てなかった男だそうです。強くなる目的を新たにする理央

次回、理央と初対決するゲキレンジャー。…む、無理っしょ。コテンパにやられるのが目に見えてますぅ。