I WANT TO SAY SOMETHING

ドラマ、マンガ、特撮…そして時々グチ

金爆…ファンではないけど

なんか気分的にめっちゃ沈んでた時…聴いたら救われました(笑。

エアバンドとは思えない、なかなかクオリティー高い、そして笑かしてくれる。


ゴールデンボンバー/#CDが売れないこんな世の中じゃ Full size

この歌もラストの畳み掛けるような女の名前連続に吹いた(笑。

www.youtube.com

これもオチが「それかい!」ってツッコミ入るよ(笑。鬼龍院クンのキレ具合が怖い!

www.youtube.com

でも私が聴いた初鬼龍院はこの曲なんだよね♪

www.youtube.com

あ~、気分が明るくなりました(軽っ!

銀盤騎士

遅ればせながら、久々に定価で全11巻揃えちまったぜ!!(4?歳のすることじゃない) 

銀盤騎士(1) (Kissコミックス)
 

作者は最近(過去も)ドラマ化された『きみはペット』の小川彌生先生。 

ま~~~~~とにかくイケメンを描くのがうまい!! そして適度にはさまれたギャグ(下ネタ系も)たまらない!!

これは見た通り(?)フィギュアスケートの世界が舞台。まず見た目ものすごい美男子なんだけどしゃべるといわき(福島)弁で、(隠れ)オタクで、(たぶん)DT心(こころ)くんがたまりませんな!

心くんは子供の頃、福島のスケート教室で一緒だった2歳上(?)の千登勢(ちとせ)ちゃんが好きで、その頃流行っていたアニメ『魔法の姫君レディ・ララ』の話題で盛り上がっていたが、驚異的な才能を見出されフィギュアスケート選手に

大人になった千登勢ちゃんは健康情報雑誌の会社で働いてたのですが、心くん母に頼まれ、彼と再会すると心くんは練習が嫌で逃げているところ(「小学生じゃないんだから!」とツッコまれていた)。千登勢はほんの気休めのつもりでレディ・ララの呪文を彼にかけるといきなりものすごいジャンプを決める(笑。この効果にチーム心のメンバー(特にマネの盛山さん)は、千登勢を呪文係として試合の都度無理やり連れて行く(笑。一方、心は千登勢と編集長沢田の仲が気になって仕方なく……

 

この作品の見どころは、美男子勢揃いのスケート選手の(笑える&葛藤する)キャラもなんですけど……前半メンタル激弱だった心くんが、とある出来事で、漢(おとこ)を見せるようになっていくところ。自分は何のために滑るのか? 誰のために? それを考えはじめる心くんの男らしさにキュンキュンする千登勢ちゃんもいいですね!

『きみは~』の時もそうだったんですけど、周りではラブラブmake loveの嵐なのに、肝心の二人はプラトニックで最後になって結ばれる(これは身体的にという意味ですね)のもじらしてくれますね~。…というか、盛山さんのキャラが最高! 二人が盛り上がりそうな場面で必ず邪魔してくる(笑。そのタイミングがおそろしく的確で、隠しカメラで見てんじゃね~かと思うくらい。

もちろんスケートの場面も、さすがの小川先生、美しくかっこよく描けております。これはさすがに実写ドラマ化は無理なので、アニメかな? アニメで見たいですね、是非!! 問題は心くんのカワイイいわき弁を充てられる声優は誰か?

NO MORE 劣化実写化


キュウソネコカミ - 「NO MORE 劣化実写化」MUSIC VIDEO

すでに話題になってると思いますが、原作ファンの声を代弁する歌! 原作の人気に安易に乗っかろうとする映画関係者、心して聞け!という感じですね(笑。

「それはね…大人の事情さ」ってわかるけど(笑、もう歌詞がいろいろツボです。

歌詞は検索サイトで探して見てね

 

なんかあらためて他の曲も聴いたらハマった(笑。年齢バレますが、高校生の頃筋少好きだったのを思い出した~。ライブ行って面白かった。きっとキュウソも面白いんだろうな~~~筋少とはちょっとテイスト違うけど、歌詞が知りたくなるバンドってのは同じ)。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

2013年の劇場版。いきなり「めんま~、めんま~」で始まるから「わけわからん」と見るのを辞めようかと(笑……が、最終的には見てよかったかなと。 なんだかんだ泣けました。ちょっと文句もあるけど

早々にネタバレしてると思うので書くが、小学校時代の仲良し6人が仲間の「めんま」を亡くし、傷ついた心を抱えたまま高校生になり…「じんたん」の前に突然「めんま」が現れるめんま」は思い残したことがあり、その「願い」が何かを探すべく、「じんたん」はかつての仲間5人に声をかける5人もそれぞれ「めんま」の死に責任を感じていた……

これ、そもそもフジの深夜アニメ枠『ノイタミナ』でやっていた作品だそうです。だからか……なんか残された5人の間でそれぞれ恋愛模様や葛藤があるみたいなんだけどまるでダイジェスト版を見ているかのようで本編アニメを見ていない自分はぽか~んとするしかない(笑。

いや、いい話だったんですけどね。特に「めんま」の願いを知った瞬間はね、泣けましたよ。ラストのみんなでかくれんぼするところとかね。

ところで画がものすごく見覚えがあると思ったら前記事の『心が叫びたがってるんだ。』『君の名は。』の人と一緒! ど~りで! 主人公の男の子の顔が…似すぎです(笑。

きっと本編アニメ版を見ていれば、もっと感動も一入だったんだろうな。でも改めて探してまで見たいかというと…もうラスト知ってしまったからな。

そんな複雑な感想を抱いた視聴でした。

『心が叫びたがってるんだ。(アニメ版)』

2015年公開のアニメ版。 いろいろ問題あるが(笑、なぜか泣かされてしまう作品。

今、実写版が好評(?)上映中。

kokosake-movie.jp

アニメは非常にエグイ幼少時の思い出からはじまりやす。もともと小学生の成瀬順はおしゃべり好きな少女だった。ある日、山の上のお城(ラブホ)から出てきたお父さんとお姫様(お母さんじゃない!)を何も知らない順はお母さんに話してしまい…それが原因で(?)両親は離婚。自分のおしゃべりが悪いんだと玉子に言われた順は、呪いをかけられ、しゃべるとお腹が痛くなるようになってしまった

高校2年生。担任に「地域ふれあい交流会」の実行委員に選ばれてしまった坂上拓実仁藤菜月田崎大樹は、それぞれ心の中に抱えたものがありつつも順の考えたミュージカルを作り上げるべくクラスメートたちと力を合わせていくが……。

ド定番な青春物なんですけど…とにかく順の母が酷いっす。もちろん、ダンナに浮気されて一番傷ついたのはあなたでしょうが、それを順のおしゃべりのせいにしちゃダメだろ! お父さんも!

ラストの順の舞台すっぽかしには賛否両論ありそうですが自分で自分にかけていた呪いを解くには拓実とのやりとりは必要だったのかも(てか、よく舞台間に合ったな~と思います。みんな許すし…なんだかんだ心広い)。安易に順の想いが伝わるラストじゃないのもよかった、個人的には。

あと拓実が左右の手で違う曲を同時に弾くところは凄いです。ピアノある程度かじった人にはアレってできるもんなの???

何より、いろんな外見の、いろんな性格の、いろんな考えの子たち、それぞれが描かれているのがいいですね(みんな性格良すぎですが)。